小さな自分に出会う

『本人が主人公の絵本を完全オリジナルで作りたい』
数年前に、ふとそう思いました。

よくある名前の部分だけを変えるのではなく、
ストーリーも完全オリジナルな絵本です。
その子にとって宝物になるような、自分が主人公の
絵本があったら、とっても嬉しいに違いない。
毎日、「よんで」とせがむにだろう。

もっともその子も大きくなれば
そんな絵本があったことなんて、忘れてしまうかも
しれない。
けれど、心のずーっと奥でひっそりと存在して、
その子が落ち込んだり、弱った時には
きっと元気のエネルギーを与えてくれる。

そんな絵本が作りたいと思いました。

私は音楽も大好きだけれど、
みんなを勇気付ける素晴らしい曲は作れない。

できることしかできないけれど
(絵だってまあ、こんなだけど)
それでも
私に作って欲しいとご依頼してくださる方が
いて、ありがたいです。
これからも精一杯で作っていこうと思っています。

そんなたったひとりのための絵本、第二作目が
もうすぐ完成します。

今回の絵本の主人公はまいちゃん
ご依頼はまいちゃんのおじいさまにあたる
方からでした。

お誕生の時にご依頼をいただいたのに
今年の3月でまいちゃんは3歳になり
もう兄弟も生まれたそうです…

もちろん、他のこともしながらですが
今回の絵本は、内容お任せとなり
嬉しい反面、ストーリーが決まるまで
(お話がおりてくるまで)
けっこう時間をいただきました。
さし絵には天然の絵の具である土顔料と
植物顔料を使って描きましたが、
印刷するとかなり印象が変わっていたりして
何度も校正させていただきました。

そうしてやっと、サンプルがもうすぐ
完成します。

『まいちゃんとはっぱいろのともだち』という
このお話は、小さい子のある日のお話です。

自分もこんな風に遊んだなぁと
読んだ方も思うような。

子ども時代、一番身近な虫はありさん。
そしてお気に入りの帽子やくつ。
そして、すてきな出会い。

今回は札幌の石田製本さんのいしだえほん
という取組みで製本していただきました。
そのおかげでできた絵本はネットで販売され、
購入してもらえる形にできました。
手にとって読んで欲しいお話です。

もうすぐ製本が出来上がります。
まいちゃんのご家族に、お渡しできるのが
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA